auto-make.vim

Created: 2012-03-21 00:22
Updated: 2014-03-01 05:47

README.md

auto-make.vim

ファイル保存時、自動的にmakeコマンドを実行するプラグインです。 編集したファイルからディレクトリを遡ってMakefileが存在した時点でmakeコマンドを実行します。

install

NeoBundle 'AtsushiM/search-parent.vim'
NeoBundle 'AtsushiM/auto-make.vim'

デフォルトでは拡張子に関係なく、ファイル保存時にmakeコマンドが実行されます

コマンド

:AutoMakeCreate

現在のディレクトリにMakefileを作成します

:AutoMakeEdit

auto-make.vimでmakeされるMakefileを検索し、開きます Makefileが存在しない場合、何もしません

:AutoMakeTemplate

AutoMakeCreateで生成されるMakefileのテンプレートを編集します

:AutoMakePause

AutoMakeを一時的に停止します。 Vimを再起動した場合、一時停止は解除されます。

:AutoMakeResume

AutoMakeの一時停止を解除します。

:AutoMakeStop

現在ファイルから実行されるAutoMakeを停止します。 Makefileの1行目に

# auto-make stopped.

の行が追加されます。

:AutoMakePlay

現在ファイルから実行されるAutoMakeを停止を解除します。 Makefileの1行目が

# auto-make stopped.

となっていた場合、この行が取り除かれます。

設定例

" 指定した拡張子のファイル保存時にmake実行
" 例:jsファイルで実行する場合
let g:auto_make_file = ['js']

" 例:js,phpで実行する場合
let g:auto_make_file = ['js', 'php']

" ディレクトリを遡る最大数
let g:auto_make_cdloop = 5

" 発見した場合にmakeコマンドを実行
let g:auto_make_makefile = 'Makefile'

" 実行するコマンド
" エラー表示なし(バックエンド実行)
let g:auto_make_cmd = 'make&'

" エラー表示あり
let g:auto_make_cmd = 'make'

" growlで通知(要:growlnotifyインストール)
let g:auto_make_cmd = "make|growlnotify -t 'auto-make' -m 'make complete.'&"
Cookies help us deliver our services. By using our services, you agree to our use of cookies Learn more